二日酔いの配達地獄

ようやく私は夜になって正気に戻ってきました。実を申しますと朝から二日酔いでした。
昨日、私の地域の自治会の飲み会がありまして、居酒屋へ6人の役員でいきました。
昨日は決算関係もあって、みんなお疲れぎみでしたが、飲み出したらヒートアップでした。
今日が仕事でしたから、昨日は居酒屋一件で帰るつもりでした。でも飲みだしたらそんなこと
みんな忘れる人ばかり。二件目にスナックへ行きました。昨日は焼酎のロックを10杯くらい飲みました
それもいも焼酎でした。飲んでる時はにこにこ笑いながら最高に楽しかったです。カラオケも歌い
満足して帰りました。翌朝になったら、ちゃんとベッドに寝ていました。問題はここからです。
私は昨日お風呂に入ってないと思い朝風呂に入ろうと、湯船にお湯を入れ出しました。すると
私の母が「あんた何しているの?」
私が「いやあ、朝風呂入ろうと思って」というと
「昨日の夜もはいったのに?」
え!でした。ちゃんと私はお風呂へ入りちゃんとベッドにも入っていたのです。家に帰ってきてからのことが記憶に
ないのです。前にも三度くらいそんなことがありました。私はなぜか焼酎のロックを飲みすぎると記憶がとびます。

それで仕事へ向かわなければならないのですが、もう、しんどくてしんどくて、吐き気するし、眠気するし、地獄が
始まったのです。なんとか仕事場までいきましたが、私の仕事は配達業ですから、
仕分け作業をするのですが、下向いて

やるメール便の作業をやっていると、むか〜ってきて、もう駄目だ状態でした。
しかし、仕分けが終わったら今度は配達です。
本日120件くらいありました。配達時はご想像の通り地獄だけがついてまいりました。
死ぬかと思いました。もう飲まないぞ!